水道水の水とウォーターサーバーの水について

水道水を飲み続けることで内臓疾患などの病気になる可能性も!

私たち人間は、生きている上で様々な食べ物や飲み物などを口にしています。摂りいれたもので体の健康を保つこともできますが、逆に疾患を患ってしまうということもあります。

 

現代社会で多くなってきているアレルギー疾患も、この摂りいれた食物などで体が異常を感じて反応してしまう疾患です。アレルギー以外にも、がん、糖尿病などの内臓疾患も増加しているのが現状です。

 

食物には、微量たりとも有害物質が含まれているものもあります。有害物質が含まれたものをずっととり続けていると、内臓疾患などになりやすく、有害物質が体内に蓄積されるほど危険は高くなります

 

実は有害物質が含まれている可能性が高いと思われるものに、私たちの毎日の生活に欠かせない「水道水」があります。

 

水道水にはこのような有害物質が含まれている可能性がある

残留塩素
トリハロメタン
農薬

このように水道水には様々な有害物質が含まれている可能性があるのです。水道水を消毒する際に必ず使用する塩素、これは必ず水道水の中には残留塩素として残っています。法律でも決められている残留塩素の数値は0.1mg/L以上ですので、この濃度以上の塩素が含まれているのです。この残留塩素と有機物が反応すると、トリハロメタンという化学物質が発生します。トリハロメタンは、水を煮沸することでトリハロメタンの濃度が2倍から3倍に多くなるという性質を持っていますので、トリハロメタンが含まれている水道水での沸騰直後の水は、大量にトリハロメタンが発生していますので注意が必要です。また、水道管には、以前鉛を使って作られたものがあるのですが、今現在は水道管に鉛を使用することは禁止されています。しかし、以前鉛を使用して作られた水道管は、各家庭の地下にまだあるのが現状ですので、鉛を使った水道管は今でも数多く存在します。この鉛は人間の体の中に吸収されると体外に排出されにくいという特徴がありますので、鉛の成分が体の中に蓄積されてしまうと、内臓疾患を引き起こしやすくなってしまいます。

クリクラ水は有害物質を完全に除去している安全な水です!

ご紹介したように、水道水は有害物質が多く含まれている可能性が高いので、この有害物質の含まれた水を長期間にわたって飲み続けることは、体にとっても良くありません。しかし、水を使うことは私たち人間には欠かせないことですので、水をいかに安全なものとして摂りいれていけば良いのかが重要になってきます。

 

一般の浄水器では除去しきれない微小な化学物質までも除去できる、RO膜というとても細かい膜で何度もろ過されたクリクラの水は、有害物質が全く含まれていませんので、口の中に入れても安全ですし、長い間飲み続けることも、体にとって何の問題もありません。むしろ、水道水よりもウォーターサーバー用に作られた、有害物質を完全に取り除いた水の方がはるかに安全なことと言えるのです。

 

 

 

安心できるおいしい水はこちら